肉体は赤ちゃんの時から徐々に成長していきます。頸がすわり歩けるよ…赤ちゃん 成長

肉体は赤ちゃんの時から徐々に成長していきます。
頸がすわり歩けるようになり話せ…

肉体は赤ちゃんの時から徐々に成長していきます。
頸がすわり歩けるようになり話せるようになり、やがて走れるようになり自転車に乗り、身長、体重も増加していきます。
そして最後はすべての機能が衰え死んでいきます。
では精神はどうでしょうか。
人に甘えることから始まり、徐々に自立していきます。
そして最後は死を前にしておびえ、不安に駆られそして受容してこの世を去っていきます。
さてここで質問です。
身体的・肉体的には人間の一生は現代医学を用いればほぼ予測ができる範囲内での成長過程が理解できますが(身長が10mになることはまず考えられません)、精神的な成長はいかがでしょうか?そこには無限の広がりがあるようにも思えるのですが。
哲学的、宗教的、芸術的な観点からみて最高位の精神とは。
精神・魂の完成とはいかなるものなのでしょうか。
またそのようなものがあるのでしょうか。
精神の成長に限界はあるのでしょうか?。
ご意見ください。

少年老い易く学成り難し 一寸の光陰軽んずべからず(中国のことわざ)明日死ぬかのように生きよ。
永遠に生きるかのように学べ。
(ガンジー)子曰わく、吾十有五にして学に志す。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳順(した)がう。
七十にして心の欲する所に従って矩(のり)を踰(こ)えず。
(孔子『論語』)

物質で無いものに限界の概念は適切では無いと思われます。生命体の時限等でしょうか。>>ID非公開
>精神の成長に限界はあるのでしょうか?。

わかりません。
精神の存在する場所すら特定できていません。>精神は肉体の付録だよん。肉体の変化につれて、うろうろふらふら肉体にまとわりついてくだけだよん♪ヽ(^○^)ノ>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする