急な腹痛の原因について質問です。私は赤ちゃんの頃からお腹が弱く、…赤ちゃん 下痢

赤ちゃん(10か月)に、加熱した後冷ました牛乳を少しだけ飲ませてしまいました

赤ちゃん(10か月)に、加熱した後冷ました牛乳を少しだけ飲ませてしまいました赤ちゃん(10か月)に、加熱した後冷ました牛乳を少しだけ飲ませてしまいました。
自治体の育児相談で、保育所入園を検討しているのなら、急ぎじゃないけどそろそろ牛乳の練習をしてもいいかもと言われ、沸騰させた牛乳で離乳食を作って食べさせていました。
(バナナと牛乳を混ぜたり)幸いアレルギー反応は全くなしで、今日は野菜ジュースに沸騰後冷ました牛乳を混ぜて、スプーン2口ほど与えました。
その後なんとなく牛乳と赤ちゃんの情報をネットで調べていると、加熱した牛乳でも、1歳までは飲み物として与えてはいけないと書かれていて、ビックリしました。
自治体の保健師さんは、加熱したら飲ませて大丈夫と言っていました。
赤ちゃんは今のところ大丈夫そうですが、今後下痢などの症状が心配です。
シチューなどの離乳食では牛乳を使っていいのに、加熱してもマグなどで飲み物として与えてはいけないのは何故なのでしょうか。
ご教示頂けますと幸いです。
補足すみません、スプーン2口と書きましたが、その後にストローで10mlくらい飲みました。

ネット上では、牛乳について怪しい論説がいっぱいありますので、あまり気になさらない方がいいです。
基本的には、育児相談(保健師さん?)での、「そろそろ練習を始めてもいい頃」というのが妥当でしょう。
牛乳というのは、液体の飲み物と思われがちですが、水分は80%台しかなくて、梨やリンゴとほぼ同じレベルですので、固形物に近いのです。
したがって、1歳までは離乳食(固形食)は少しずつゆっくり慣れさせますが、牛乳もその考え方と同様に、ひと口、ふた口から始めてお腹をならしながら量を増やすことになります。
最初から、コップやマグで「ゴクゴクと」水の代わりのように飲ませるのは、お腹の負担になるのでやめておきましょうねということです。
なので、ひと口ふた口、飲んだからといって、下痢などがないのであれば何も問題はないでしょう。
牛乳について、タンパク質がどうのとか、アレルギーがどうの、アトピーの原因としてどうのという言質が、さも真実のようにネットや育児関連の情報のように流れてきますが、基本的には、統計的な裏付けになるようなデーターは、今の所、存在し無いというのが大方のコンセンサスです。
ネットで真偽の怪しい情報にあたふたするより、専門家であって、現実のいま現在の赤ちゃんをたくさん見守っている、自治体の育児相談の保健師さんとかのアドバイスの方がよほど信用が置けますよ。

所詮ネット情報ですし、10ヶ月なら2ヶ月しか変わらないので大丈夫です。>うちは9ヶ月ぐらいから少しずつ牛乳あげてますけど元気に育ってますよ>ネットの情報を鵜呑みにしないほうがいいですね。
質問ならシチューは良くて、マグはだめと言った人間に直接聞きましょう。
これもネットですが、気になるなら自治体の保健師に直接聞きましょう。
実際はアレルギーがないなら、加熱後の牛乳はシチューでもマグでも大丈夫です。>体に悪い牛乳を無理に飲ませる必要はありません

そもそも牛乳とは
戦後GHQがアメリカの乳製品を売り込む為に
日本の保健所と教育委員会を買収し
給食に提供されるようになりました。

牛乳にはリンが多く含まれているのでリンは骨を弱くします。

骨を強くするのは小魚などによる炭酸カルシウムです。

なにより牛乳に含まれるカゼイン蛋白は発癌性です。

リスクを承知で
嗜好品として飲むならいいでしょうが健康の為に飲むのは間違いです。

製造工程は
牛乳を安価で安定した品質で提供するためには
乳牛には大量のホルモン剤や抗生剤を投与しています。

ホルモン剤で乳を奇形にパンパンに張らせて
病気防止の為に抗生剤をガンガン投与します。

そして水より安価な化学カクテルの出来上がりです。

牛乳は孔子の飲みのもであり
人間の飲みのもではありません。

国や自治体
保健所・教育委員会などの言うこと聞いていたら
健康な子供には育ちません。>赤ちゃんは大人と比べて消化機能が未発達で、
アレルギーの原因になりやすいたんぱく質を分解する力が弱いという特徴があります。
牛乳はたんぱく質の分子量が大きいためにうまく分解できず、
アレルギーを引き起こす可能性があるからです。>

急な腹痛の原因について質問です。
私は赤ちゃんの頃からお腹が弱く、よくお腹を壊…

急な腹痛の原因について質問です。
私は赤ちゃんの頃からお腹が弱く、よくお腹を壊して下痢になってしまいます。
そのためお腹が冷えるアイスなどは常に控えるようにしています。
症状は、激しい腹痛と同時に吐き気、冷や汗、顔面蒼白、それから耳が遠くなり激しい目眩が起こり、意識朦朧で失神しそうになります。
時間や状況を問わず起きる場合と、朝食後に妙な胃痛が起こり、そこから前述したような症状に変わる場合とがあります。
結構長い時間苦しむのですが、下したあとはすっと治まっていきます。
小さい頃からよくありましたので、きっとそういう体質なんだと思い、病院には行かずやり過ごしてきましたが、周りの人に話しても共感してもらえないので、こういった症状がよく起こる方や原因をご存知の方がいらっしゃったら、症状が起きるときの共通点や普段気を付けるべきことを教えていただきたいです。
お願いいたします。

病院でで詳しく検査をしてもらいなさい。
知恵袋に聞く質問ではありません。
あなたの体質の問題でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする